Durango Design Factory

R&R★Football★Movie★and more...

2017-09<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>2017-11
Click for London, United Kingdom Forecast

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R&R Record Guide#0009 David Bowie/The Rise And Fall Of Ziggy Stardust

dbzig.jpg

The Rise And Fall Of Ziggy Stardust
/屈折する星くずの上昇と下降、そして火星から来た蜘蛛の群
(↑試聴できるページへ)

はじめてデビッド・ボウイを聴いたのは「レッツ・ダンス」でした。
リアルタイムにヒットしていたのですが、当時はあまりいいとは思いませんでしたし、次にヒットした「チャイナ・ガール」なんかはしょうもないと思っていた。ちょうどその時、担任の先生がボウイのファンだったんです。先生がデビッド・ボウイの良さについて熱く語るのですが、さっぱりわからず「今聴くならデキシーズ・ミッドナイト・ランナーズでしょ」とか生意気なことを言っていました。
ところがある日、ラジオからナイスな曲が流れてきて、DJはその曲をデビッド・ボウイの「スター・マン」だと説明する。次の日僕は学校で先生に「スター・マン」について質問し、Ziggy Stardustについての授業を受けたのでした。

このアルバムはストーリー仕立てになっています。あと5年で地球が終わるってとこから始まる破滅の物語。主人公はZiggy。
グラムロックのイメージを決定付けたこのアルバムはかっこよすぎだ。ボウイの声には好き嫌いありそうだけどかっこいいロックンロールを聴かせてくれます。ミック・ロンソンのギターもかっこええやんけ。
1曲目の「Five Years」がスローなのもいい。これからの破滅を予感させるのにふさわしいオープニングだ。
途中、捨て曲なしでしびれっぱなしなんですが「Moonage Daydream」「Star Man」「Ziggy Stardust」「Suffragette City」が甲乙付けがたいぐらいにかっこいい。
ラストの「Rock & Roll Suicide」はまさに破滅の瞬間で、エンディングの音に耳が釘付けになるようなロマンティック・サウンドです。
ここでボーナストラックなんか入っているとものすごくしらける。
ホンマにボーナストラックって無駄!

多分「ロックジェット」(雑誌)だったと思うがイエロー・モンキーの吉井がインタビューで面白いことを言っていた。
「ボリュームを思いっきり上げて聴くと、ハンドクラップの所でデビッド・ボウイが付けていたブレスレットの音が聞こえる」

でかい音で聴きましょう。
スポンサーサイト

コメント

グラムロックってT,REXとデビットボウイしか知りません

ジギーはカッコイイですねえ!コレ聞いて一番最初に思ったのは「これをテーマにして映画作ったらエエのになー」と思ってたら、既にあるらしいですね。そういえば、20センチュリーボーイもマンガであるし。あのマンガをアニメ化かドラマ化するとしたらやっぱりテーマ曲は20センチュリーボーイか?いや、多分オープニングはタイアップのしょーもない日本人のバンドの曲になるんやろうなあ・・・でもエンディングはT,REXのまんまでやってほしいよなー。それでも権利関係の問題とかで使えないんでしょうね。それなら、カバー。はじめのシャウトがカッコ良くできる奴でないとダメ!・・・などということを考える今日この頃です。

「ケンヂ君なら知ってるよ」
「あなたは・・・いったい誰なの!?」
「ぼくは20世紀少年だ」
ジャカジャーン!ジャカジャーン!!アオウゥ!
ジャージャジャジャジャージャージャージャッジャー

偉人!

僕はグラムロックはなんか陰気くさい感じであんまり聴かなかったのですが(ルー・リードを聴いて)デビットボウイを聴いて何度も聴かずにはいられなくなりました。
そのときはベスト盤だったのでジギーの物語は知らなかったのですがなんかほんまに存在する人物のように感じていたのを覚えています。
今思えばかなりいいベストアルバムだったのではないかと思います。スターマンはなかったけど・・・
ヤングアメリカンでソウルのかっこよさも知り、いい勉強になったアーティストでした。ってか、2号さんと時間カブッタ!!

その映画を教えてくれ

2GOさんへ
Ziggyのストリーの映画って何?教えてください。是非見たい。
「地球に落ちてきた男」ではないよね?あれはストーリーがZiggyじゃないし。
「ベルベット・ゴールド・マイン」はボウイをモデルにした映画やし。

蜂さんへ
ルー・リードは確かに暗い。ベルベット・アンダーグラウンドもなんかすっきりしない。
ニューヨーク系グラムロック聴くならシルバー・ヘッドがいいですよ。
ニューヨーク・ドールズも最高!
ボウイは様々な音楽を消化しスタイルをどんどん変化させていってるので
ベスト盤でその変化を楽しむのもいいかもね。
変化を知った上でオリジナル・アルバムを楽しみたいものです。

※※R&R RECORD GUIDEへ、そのアルバムに対するコメントや
そのアルバム、入ってる曲にまつわる思い出、などどんどん書き込んで
下さい。
将来皆さんのコメントと共に何らかの形で世に出したいと考えております。
よろしく

やばいっ!

仕事中にこのアルバムを見つけてパソコンで流しながら仕事しようと思っていたら、We got five years!
てところで手が止まっちまいました。これは、家で歌詞カード見ながらじっくりと聴くべきやっ!って思い家で浸ってさっき聴きました。物語ってのはよくわからんかったんですが、こんなに引き込まれたのはひさびさですわ。なんかスペイスオディティ聴いたときに英語での言葉遊び?や後に別の歌でトム少佐が出てきたりとホント彼は素敵だと感じました。
スターマンは布袋、サフラゲット・シティはジキルでカバーを先に聴いていましたが、いや~本家ありきですね。また聴きたくなってきた

おじゃまします

自分もボウイのレッツダンスをきっかけに、他のボウイの曲を聴くようになりました。ジギースターダストかなり好きです。

ジギー、最高!

niandraさん、コメントありがとう。これからもどんどん書いてくださいね。
昨日また聴いたけど、何回聴いてもかっこええわ。
ジギー、最高!

TO BE PLAYED AT MAXIMUM VOLUME

どぉもです。私はTHE YELLOW MONKEYが大好きで、ヴォーカル吉井氏が影響を受けたアーティストとしてボウイを知りました。Ziggyはほんと、よく聴きました。
しかし…ブレスレットの音、未だに聴き取れません(笑)。
だから”TO BE PLAYED AT MAXIMUM VOLUME”ってことなんですよね!
どぉでもいいかもですが、THE YELLOW MONKEYの『SICKS』というアルバムにもブレスレットの音入ってます。こっちは分かりやすいです。

Ziggyずっと聴いてると、ほんとにボウイは宇宙人ぢゃないかと思ってしまいます(笑)。コンセプトアルバムってそういうところがいいですよね!やってる人たちもなりきるし、聴く人もそのストーリーに入り込む。
とにかく『Ziggy Stardust』すばらしいアルバムです!大好きです!!

mary@7さん、ようやくデヴューですね。これからも恥ずかしがらずどんどんなんでも書いてください。
イエローモンキーもここで近々取り上げたいと思います。

さすがジギー

今までに無いコメントの伸びですね。

>はじめて聴いたのは「レッツ・ダンス」
同じく。一番最近買ったボウイのアルバムもレッツ・ダンスだったりする。(レンタル屋で)
当時はお酒のCMとか戦メリとか出てましたがボウイが時代にシンクロしたスーパースターだった最期の時期だったかと思うので、それに間に合ったのはそれはそれで幸せなことだったかなと思ったりする。
レッツダンスは今なら故スティーヴィーレイヴォーンのギターとかチャイナガールをイギーさんヴァージョンと聴き比べるとか違った楽しみ方もありますけどね。

ジギーの映画ってもしかしてこれ?
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00061QX0Y/qid=1121272635/sr=1-15/ref=sr_1_2_15/250-9534210-0708227
アニメのテーマ+ボウイと言えば
夜中にやってた鉄人28号で唐突にSpace Oddityがオリジナルで流れた。ストーリーにもシンクロしてて妙に印象に残ってる。

Suffragette CityはSteve Jonesのヴァージョンを基にコピーしたことがあった。これが意外とかっこいい。
この曲は元々mott the hoopleのための曲だったけど、mott側が拒否したのでボウイが自分で演ったとか。
ボウイ版All the young dudesは聴けるけどmott版Suffragette聴けなかったのは残念。
fast cars版で我慢しよう
あとボーイジョージ版てのもあり。意外と普通にロック。

長々書いた割りにジギーについて全然ふれてね~

おぉぉぉ!!!

THE YELLOW MONKEY取り上げていただけるんですね♪楽しみ!うれしー!!!

あ、1号さんに例の件メールするの忘れてましたね(笑)!私は吉井氏のせいで、この記事を読んで以来その部分が気になって仕方ないです。。
1号さんもご注意!

吉井め…(爆)。

イエローモンキー

はそのうちね。日本のZiggyの子供たちの中ではトップクラスだと僕は思います。Ziggyというバンドも昔おりましたが、全然Ziggyじゃない。エアロ、ハノイな感じでしたね。

六號さんのカヴァー話で、思い出したがバウ・ハウスの「Ziggy Stardust」はまんまでかっこいいっすよ。
Fast Carsのサフラ~はかっこよすぎですねー。
LAの極悪パンクGermsもハングオン~やってますけどイマイチ。
色んな人にカヴァーされていますなー。
他にカヴァー情報あれば求む。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://babylonjet.blog9.fc2.com/tb.php/39-6b5b6f71

デビッド・ボウイ 2

NO.00113デビッド・ボウイの2枚組ベストアルバム『ザ・シングルス・コレクション』ボウイには“変身”てイメージがありますが、こうして数々の代表曲を聴いていると「本当にボウイは1人なの?」と思いますね。そのルックスも含めて「実は宇宙人でした」....

| HOME |

 








↑The Rolling Stones

single特集!



オススメDVD


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。